人工妊娠中絶手術の手術法について

妊娠が判明したものの、母体の望まない妊娠や経済的な理由などで、どうしても妊娠を継続できない場合があります。当院では母体保護法に基づき妊娠12週未満の初期に限り、母体保護法指定医が人工妊娠中絶手術を行います。
母体保護法とは国の法律によって、「都道府県の区域を単位として設立された社団法人たる医師会の指定する医師は、第14条に該当する者に対して、本人及び配偶者の同意を得て人工妊娠中絶を行うことができる」と定められたものです。
当院の院長は母体保護法指定医師として認定されており、できるだけ身体的・精神的に負担なく、安心して中絶手術を受けていただけるように心がけております。
不安でいっぱいの方もいらっしゃるかと思いますが、まずはご相談ください。

手術方法について

当院では吸引法、掻爬法のどちらも熟練しておりますが、妊娠早期の吸引法による手術をお勧めしております。目安は妊娠7週前後までが適応になりますので、吸引法をご希望の方は妊娠が分かり次第なるべく早くご相談ください。なお、初診時にすでに週数が大きい方でも掻爬法で対応できますのでご安心ください。

手術体制について

当院ではバイト医師による施術はございません。母体保護指定医師である院長が全ての患者様を担当しておりますので、どうぞご安心ください。手術は生体監視モニターを装着のうえ、医師看護師3名体制で行っております。患者さまの状態をしっかりみて、麻酔や痛み止めの量を調整しています。豊富な経験と熟練した技術を提供いたします。

手術器具について

当院では患者さまの子宮の状態に合わせて最適なサイズの器具をお選びいたします。特に感染対策について気をつけており、吸引管から接続ホースに至るまで全てを滅菌処理し、患者さまごとに毎回交換しております。院内での滅菌作業を徹底することはもちろん、定期的に専門業者によるメンテナンスも行っております。

前処置について

当院では子宮への負担を少なくするために全ての方に前処置を行っております。前処置に用いる器具は患者さまの子宮の状態に合わせて最適なサイズの器具をお選びいたします。また、前処置がどうしても怖くてイヤ!という方のために麻酔をかけてからゆっくり子宮を広げる術式をオプションにてお選びいただくこともできます。(注 別途加算あり。また、医師の判断によりオプションを選択いただけない場合もございます。)

手術日と手術費用について

手術日

平日午後や土日・祝日も設定がございます。
年末年始・GWもお任せください。

月・火・水・木・金土・日・祝日
午前枠と午後枠があります。 午前枠のみです。(午後をご希望の方は診察時にご相談ください)
月・火・水・木・金 午前枠と午後枠があります。
土・日・祝日 午前枠のみです。(午後をご希望の方は診察時にご相談ください)

手術費用

詳細はお問い合わせください。

  • お問い合わせやご予約はお気軽に 0570-080-115 かんたんWEB予約もご利用ください 24時間受付なので思い立ったらすぐご予約できます。 いつ空きがあるのかすぐわかります。 当日も空きがあればご予約できます。 ご予約ページはこちら
  • お問い合わせやご予約はお気軽に 0570-080-115 かんたんWEB予約もご利用ください 24時間受付なので思い立ったらすぐご予約できます。 いつ空きがあるのかすぐわかります。 当日も空きがあればご予約できます。